結婚・夫婦

男性と女性の違い

ビーチでのカップル
男と女とはちがいます
 
男性と女性のちがいを表す、おもしろい表現があります。
 ・女性は、夫が変わることを期待して結婚するけれども、夫は変わらない。
 ・男性は、妻が変わらないことを期待して結婚するが、妻は変わる。
男女の差は、遺伝子レベルからちがっています。
具代的にどうちがうでしょうか?
女性は会話好き、男は雑学が好き
 
女性は、話すことが大好きです。誰かとつながっていることで安心感を得ます。
男性は、自分のことを話すのが苦手な人は多いです。さらに、人の話を聞くことはもっと苦手です。
女性は、1日に5万語を話すとすれば、男は2万5千語しかしゃべりません
男性が家庭で一番求めるのは、静けさだといいます。
子ども時代も、女の子のほうが、よく話します。
何かストーリーを作って、おしゃべりしながら遊ぶのは女の子で、男の子は電車や車を使って、「ブーブー」「ゴーー!!」と言うくらいです。
男性は、広く様々な事柄を話題とするのが好きです。雑学や知識を好んで調べます。
家族や友だち、会社の同僚に慕われることに情緒的な満足を得るためです。
 
デートの前日は、色んな情報を調べ、女性から尊敬されるために努力します。
自分を必要とされている、褒められることで自分の価値を見出すのです。
日没でロマンチックな散歩
愛の表現が違う
男性の多くは、愛情と性的な満足は同じ、と思うかもしれませんが、これらは全く別です。
一般的に男性は、愛を与えるとは、セックスをすることだと思いがちです。
けれども、女性の気持ちは違います。
女性は、特別に扱われ、花をもらったり、優しい言葉をかけてもらって抱きしめてもらう方が嬉しいのです。
これは、男性には理解しにくいところです。
多くの夫にとって、妻の手を握ったり、隣に座るのは、一緒にベッドへ入るプロセスに過ぎません。
けれども、女性は愛する=セックスという思考にはなりません。
夫の誘いに答えるとしても、それは性欲に突き動かされてというよりは、自分を与えることで夫からの愛情を得られると思うからです。
Image by Cody Black
男女でこれだけの違いがあるのです。
どうすれば夫婦がうまくいくでしょうか。
 
それは、それぞれが相手の必要に答えることです。
 
​自分の必要を満たすことではなく、相手の必要に答える工夫をするといいでしょう。
夫は妻の話しを十分に聞いてあげましょう。そして、特別に扱ってあげてください。
妻は、夫の肉体的な必要を満たしてあげてください。
夫の性欲は、実際的な意味でも、人類が滅びないために神が与えられたホルモンの働きによるのです。
また、性というのは、夫婦が生涯をとおして、喜び楽しむようにと、神から与えられた贈り物でもあります。
お互いの必要が満たされれば、愛されていることを知り、強い絆で結ばれていくでしょう。
​そのふたりを邪魔することは誰もできないのです。