親を敬う 〜ハッピーな子育てライフ〜
①幼いうちから教えていく

家族の瞬間

子育ては、お父さん・お母さんと、子どもの関係づくりです。
親と子どもの関わりが、これから先の子どもの人間関係を構築していきます。

この親子の関係づくりには、親が、子どもの気持ちを理解してあげることが欠かせません。

しかし、それだけではなく、子どももお父さん・お母さんを尊敬し、信頼することが必要なのです。

Image by Jakob Owens

子育てに、子どもがお父さん・お母さんを尊敬する(敬う)ようにとは、あまり聞かないかもしれません。

けれども、関係づくりにはお互いの信頼と、どちらも相手を大切にすることで、絆が生まれていきます。

親だけが子どもの言うことを聞いてあげて、子どものすることをそのまま全部聞いてあげるなら、ワガママな子どもに育ってしまいます。

Image by Vitolda Klein

子どもが薬を飲んでくれない、体温を測らせてくれない、と困っているお母さんがいました。

嫌がってバタバタ暴れる、どうしたらいいか分からない。

子どもが風邪で苦しんでいても、嫌がるから薬をあきらめる、そうなると症状はもっと悪くなります。

熱は何度なのか、親は知りたいし、知る権利があります。適切な対応をしたいのにできないなら、どんなに大変なことでしょう。

お父さん・お母さんを尊敬するというのは、子どもが自分の親を信頼して、言うことを聞くことでもあります。

親が子どもの気持ちを大切にすると同じくらい、子どもも親の言うことを聞かなければいけないのです。

 

幸せな家族

それには子どもに、お父さん・お母さんを尊敬することを教えなければいけません。

大人になれば、両親を敬うようになるかもしれません。

けれども、子どものうちにできたらどうでしょう。子育てでイライラすることは減ります。

少なくとも今より子育てが楽になったと思えるでしょう。

子どもは自然と、分別ができて、お父さん・お母さんを尊敬するようには育ちません。

親が教えなければ、両親を敬うこともなく、自分のしたいことだけをしていく性質が子どもにはあるのです。

だからと言って、決して間違えないで欲しいのは「親の言うことを聞け!」と、恐怖で子どもを縛ることではないのです。

親を尊重し、信頼し、大切にすることを、愛をもって根気強く教えるのです。

 

② 次へ >