• fujita

子育て本を紹介します

最終更新: 8時間前



私たちには3人の子供たちがいる。

長男、二男、そして令和生まれの7ヶ月になる長女。

このうち二男が4月で3歳を迎えた。


この子は産まれて間もなく、起伏の激しい子だと分かった。


まだ新生児なのに「僕にあんまり触るな!」と言うような自己主張をする。


いつも意志が強くて、怒りっぽい新生児って…と、戸惑いがあったけど、今ではこれがこの子の根っからの性格なんだと分かった。



どの家庭でも、子育ての悩みはあると思う。

兄弟がいれば、性格もそれぞれ違うし、ひとりひとりに対するアプローチも変わってくる。


もし、このブログを見てくださる方の中に、子育てに困り果て、何か良い方法はないかと求めている方がいるのならば、シェアしたい子育て方法をあげていくので参考にしていただけたらと思う。もちろん、このブログを見て何かのさじ加減にしてもらっていいし、情報だけもらうのでも構わない。

私たちも子育て方法を学びながら、実践している最中なので、成功もあれば失敗もある。

それを見守ってくださるだけでもありがたい。



私たちが学んでいる子育ての基本は、聖書が土台になっている。

聖書には、「子供に両親を敬うことを教えなさい」とあって、これが子育ての大きなベースとなっている。


敬うことを教えるとは、親の好き勝手や暴力的な方法では決してない。


親の言いなりを育てるのではなく、自立し、分別のある大人に育てていくために、親は大きな任務を預かっている。


子供がやる気を無くしたり、親に怒りを持たせ続けるような育て方も良くない。

愛としつけのバランスが求められている。


子育ては本当にスキルの高い、忍耐と愛がなければ難しい。子育て次第で、その子の未来が決まっていく。




私たちが参考にしている子育て本はこちら。





3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示